サービスを比較してみましょう

ウォーターサーバーを検討するときには、どのサービスを使えばいいのかを考える必要があります。
サービスによって、様々なキャンペーンを用意していたり、水の値段も変わってきます。
それぞれのサービスで最終的にかかる費用を比較してみて、自分が使うサービスを決めていきましょう。

比較のポイント

ウォーターサーバーを利用するときに、まずはどんな費用が掛かることになるのかを確認しておきましょう。
まずは、ウォーターサーバーは電気で動くものですから、電気代が必要になります。
そして、ウォーターサーバーにセットする水を購入する必要があり、さらにそれを届けてもらうときの費用の確認も必要になりますね。
忘れがちなのが、ウォーターサーバーをレンタルするときの費用だったり、最初に申し込みをするときの費用などです。
こういったポイントを押さえながら、一年間の費用を計算してみて、ウォーターサーバーのサービスを比較してみましょう。

水のコストパフォーマンス

ウォーターサーバーの最も大きな比率を持つコストは、やはり水を購入し続けるということでしょう。
ウォーターサーバーで使われるボトルの水は、専門的に宅配をしてもらうことができるので、自分で購入をして持って帰ってくるような必要はありません。
宅配をしてもらえるので、いつも新鮮できれいな水を常に自宅に配備することができるようになるというわけです。
ペットボトルを購入して水を買い続ければ、コスト自体は抑えることができるかもしれませんが、重たい水を運ばなければならないというデメリットがあります。
そういった負担を省くことができるのが、ウォーターサーバーの大きなメリットの一つになります。

サーバーのレンタル代

小さいながらも継続的にかかってしまう費用の一つに、ウォーターサーバーそのもののレンタル料というものがあります。
サービスによっても、どのくらいのレンタル料金がかかるのかは変わってきます。
ウォーターサーバーもタイプがありますから、それによってレンタル料金もまた異なってくることになるでしょう。
また、サービスによってはレンタル料金が一切かからないというところもあるようです。
サービスを検討するときに、サーバーのレンタルはお金がかかるものなのかどうか、というところもチェックをするのをおすすめします。
毎月の値段としては600円ぐらいが平均かと思いますが、それでも年間にすれば7200円にもなってしまいますし、地味ながらも大きな負担になります。
レンタル料金だけで何本もボトルの水が買えてしまうほどになるので、もし無料レンタルで費用を削ることができるのであれば、そういったサービスを選ぶほうがお得でしょう。

無料お試しキャンペーンを使う

サービスによっては、最初に申し込みをしたときに無料お試しのキャンペーンを利用できるところがあります。
無料お試し期間に申し込みをしたときには、最初に水のボトルを無料で宅配してもらえるという特典がついてきます。
まだこれまでにウォーターサーバーを導入したことがないという人にとっては、自分の生活にウォーターサーバーが入ってきたときにどうなるのかを確認する良いチャンスになります。
そして、それから以降にウォーターサーバーを実際に使い続けるかどうかは、お試し期間が終了したタイミングで決めることができます。
ウォーターサーバーの導入を検討している人にとって、お試しキャンペーンはかなり強い味方になることでしょう。

スタートアップキャンペーンを利用

お試しキャンペーンではなく、最初から申し込みをするという場合には、別の特典を受けることができる場合もあります。
例えば、申し込みを確定した段階で、水のボトルを何本かプレゼントしてもらえるというものなどです。
大容量のボトルであれば一本だけでも1000円以上することもありますので、それをプレゼントしてもらえることはかなりお得ですよね。
最初にボトルをもらえれば、最初の一年間のコストは大きく削ることができるかと思います。

ボトルを集めてキャンペーンを利用

ウォーターサーバーのサービスでは、水のボトルのキャップにキャンペーン用のシールが貼ってある場合があります。
そして、このシールを集めていくことで、キャンペーンに応募でき、特典を得ることができるサービスがあるのです。
例えば、あるサービスではボトルのシールを一定枚数集めることで、自分が購入しているボトルと同じものをプレゼントしてもらえるというキャンペーンがあります。
一定本数を購入すれば新しいボトルがもらえるということですから、これはかなりお得なキャンペーンだといえるでしょう。
このキャンペーンがないサービスと比べると、同じぶんの本数を買っただけで数本分が無料になるので、年間費用には大きくかかわってきます。
水素水を比較するときには、こういったキャンペーンの有無を確認するのがとても大切です。

Copyright(c) 2010 ウォーターサーバー口コミまとめ~利用者のホンネ~ All Rights Reserved.